社会保険労務士事務所 東京

労務リスク

障害者雇用における取組みと新たな給付金制度の創設

2020.09.10

障害者雇用における取組みと新たな給付金制度の創設

令和2年8月現在、民間企業における障害者の法定雇用率は2.2%です。(令和3年4月までに2.3%へ引き上げられる予定)令和元年の障害者雇用状況集計結果では、雇用障害者数、実雇...

一時帰国と再赴任リスク

2020.08.27

一時帰国と再赴任リスク

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、日本企業の人事部門にも、前例のない挑戦を突きつけています。その一つが、海外赴任者の一時帰国と再赴任を巡る問題です。パンデミックに対応し...

新型コロナウイルスと海外赴任

2020.06.18

新型コロナウイルスと海外赴任

新型コロナウイルス感染症の影響は、世界中に及んでいます。特に日本においては、蔓延の時期が会社の人事異動と重なりましたので、海外赴任関係者には大きな影響を与えました。一番多かった...

休業手当の考え方

2020.06.04

休業手当の考え方

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの企業が休業や営業の縮小を余儀なくされています。労働基 準法では使用者側の事情で従業員を休ませた場合に休業手当の支払いを義務付けていますが...

在宅勤務海外事情

2020.05.29

在宅勤務海外事情

新型コロナウイルス感染症の猛威は衰えず、世界中の経済活動が大きな影響を受けていますが、その現れの一つが在宅勤務の広がりです。米IT大手グーグルでは、世界12万人の正規社員のうち...

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例について

2020.05.12

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例について

雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃...

基準の違い

2020.04.23

基準の違い

本稿執筆時点では、新型コロナウイルス感染症が世界で猛威を振るっており、収束が見通せないレベルになっています。ここで知ったことの一つは、各国で検査・対策基準が異なるということです...

新型コロナウイルス感染防止に向けた柔軟な働き方について

2020.04.02

新型コロナウイルス感染防止に向けた柔軟な働き方について

令和2年2月25日、新型コロナウイルス感染症対策の基本方針が公表されました。この感染症対策基本方針では、企業に対しても感染防止に向けた柔軟な働き方(テレワークや時差出勤)が推...

同一労働同一賃金の先に目指すもの

2020.03.26

同一労働同一賃金の先に目指すもの

こんにちは、代表の黒川です。雇用形態に関わらず公正な待遇の確保を目指す「同一労働同一賃金」が大企業はこの4月から、中小企業は来年から義務化されます。この改正では同様の業務を行う...

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ