社会保険労務士事務所 東京

夏の楽しみのひとつ・・・

こんにちは。アーク&パートナーズの井上です。

 

夏といえば、海や祭りなど楽しいイベントが目白押しですが、

ボーナスも夏の楽しみのひとつなのではないでしょうか。

そもそも、「ボーナス」という語源は、古代ローマの成功や収穫の神

「Bonus Eventus」(ボヌス・エヴェントス)と言われています。

それがラテン語の「予期しない贈り物」という意味の「ボナス」になったそうです。

ボーナス

 

日本では、江戸時代から店主や職人の親方などが奉公人に対して、

ある時期に着物を与える習慣(お仕着せ)があり、これがボーナスの始まりと言われています。

また、現在中国・韓国などアジア圏では年1回の支給が一般的で、アメリカやイギリスでは

従業員全員に支給されるものではなく、一部の貢献者にのみ支給されることが多いようです。

 

 

日本では年2回の支給が一般ですが、海外の事情と比べると日本は恵まれているようです。

会社や自身の実績が反映されているボーナスの時期は年2回自身を

見直すいい機会になるかもしれません。

 

一覧へもどる

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ