社会保険労務士事務所 東京

7月10日は算定基礎届提出期限です

毎年7月10日は算定基礎届の提出期限です。

算定基礎届とは、健康保険・厚生年金保険被保険者の標準報酬月額を

その年の4月~6月に支払われた報酬を鑑みて改定する手続きです。

ここで決定された標準報酬月額は原則その年の9月~翌年8月まで適用されることになります。

標準報酬月額は被保険者自身の年金額や健康保険の給付額などに係ります。

以下の点に気を付けながら確実に手続きを進めましょう。

 

[Point1] 手続き注意点

point1手続き注意点

 

[Point2] 様式が改定されています

今年の3月より社会保険各種届出書類の様式が変更されており、

算定基礎届についても昨年とは様式が異なっておりますので作成時には注意が必要です。

主な変更点として、下記2点をご確認ください。

⑴従来一般被保険者分と70歳以上被用者については別々で提出が必要でしたが、

様式の統合に伴い一つの書類で提出が可能になりました。

⑵マイナンバー(基礎年金番号)欄が追加され、70歳以上被用者についてはこちらの記入が必要になりました。

 

算定基礎届

 


≪2018年6月1日発行 マロニエ通信 Vol.184より≫
http://www.arcandpartners.com/info/maronie

一覧へもどる

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ