社会保険労務士事務所 東京

「懐刀」として社長を支える社労士でありたい

人と人とのコミュニケーションを大事にしています

私たち社労士が企業の中で関わる領域は広範囲に渡ります。一般的には「社労士とは、人事・労務管理・年金の専門家として、労働者が入社して退職するまでの手続きや管理をお手伝いする仕事」と言われることが多いですが、私たちは「企業を継続的に成長させる仕事」だと思っています。それはお客さまの現在、将来に起こりうる経営課題の解決に取り組み、よりよい企業価値をつくっていくことです。

設立当初より「顧客満足」と「従業員満足」を高めることを目標にしてきました。いろいろな形の「顧客満足」がありますが、お客様のよき相談相手となることが私たちの役割であると考えています。それは知識や手法の提供という表面上のアプローチだけではなく、共に考え、共に悩み、共に解決すること。

あるべき社労士の条件としては、聞く力、情報を整理する力、発展展開させる力が大事ですが、担当者の場数や経験がどうしても問題となります。そこを補うためにアーク&パートナーズでは、スタッフを情報共有の習慣や場、個人のスキルアップを図る社内研修、チーム担当制などを活かしてバックアップしています。

会社にとって、なによりも重要なのは人材です。社員にとって働きやすい職場環境をつくることは、企業が成長していくためにも重要なことです。そのためアーク&パートナーズ全スタッフは、人と人とのコミュニケーションを最も大事にしています。

経営者の懐刀としてともに未来を作っていく。アーク&パートナーズは、そんな存在でありたいと思っています。


社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ