社会保険労務士事務所 東京


社会保険労務士事務所 東京

新卒社員座談会

社長の「懐刀」を掲げる弊社ですが、その途上にある若手2人にインタビューしてみました。登場するのは、社会保険労務士を目指しながらも人事労務コンサルタントのやりがいを感じ始めた新卒で入社し活躍をしている佐野晏奈と井上知美です。

座談会の様子

Q現在の仕事内容を教えてください

井上

入社してからは先輩方の作成した書類の送付や役所への提出がメインでした。現在は先輩の下で、数十社のお客様を担当させていただき、社会保険や雇用保険の手続書類を作成しています。また、給与計算やお客様からのお手続きについて相談も受けています。

佐野

私も井上さんと同様です。同じような手続きでも提出先や状況に応じて書き方が違ったり、添付書類が必要となるので注意が必要です。最初は先輩社員から頼まれて作成していましたが、今はお客様と直接やり取りをするようにもなりました。任される範囲が増えていくのは自信に繋がります。ただ、判断を誤ると手続きが遅れたり、給付が受けられないなどお客様にご迷惑をおかけしてしまうことになるため、気を抜かずに業務を行っています。

Q入社した決め手は何でしたか?

佐野

面接時に先輩社員から言われた「10年以上この仕事を続けているが、日々勉強することがある」という言葉に非常に魅力を感じました。また、自分自身が商品になる仕事なので、今後のキャリアを考えた時に確実に力になると思い、入社を決意しました。

井上

Q入社後、最も成長した点は何だと思いますか?

井上

会社目線に立って考える力がついたと思っています。以前は社員としての視点から物事を考えていました。しかし、会社様のご相談をお伺いするうちに、会社、そして社員にとっての最善策は何なのかを考えるようになりました。

佐野

法律関係を一度も学んだことがなかったので、ゼロからのスタートで不安だったのですが、日々の業務で必要になるため必死に勉強しました。入社時とは比べ物にならないくらい専門的な知識が付いたと思います。先輩達もわからないことがあれば丁寧に教えてくれるので、意欲があればどんどん成長できる環境が整っていると思います。

Q入社前と入社後のギャップはありましたか?

井上

入社前は事務作業を黙々と一人で行うイメージを持っていました。しかし、実際はチーム作業によって効率化を図り、ミーティングによる情報共有でミスが起こらないように対策をしています。チームで仕事を行うことで、仕事を進める上での注意事項や進捗情報を確認し、助け合いながら仕事を行っています。

佐野

社労士=人事労務コンサルタントのイメージが強かったのですが、事務作業も多く、細かいところにこだわって仕事に取り組む姿勢が必要になります。しかし、一番驚いたことは社内に総務や広報などの仕事も全員で分担していることです。もちろん私も例外ではなく、総務とITを経験しました。機械類は得意な方ではないのですが、PCやプリンタ関係の知識も付き、たまに「業者の人」と呼ばれるほどになってしまいました(笑)

Q職場の雰囲気はどうでしょうか?

井上

一人一人が常に向上心を持ち続けており、誰もが日々勉強し続けている印象が強いです。社内研修や外部講習なども頻繁に行われており、成長する為の場がたくさん用意されています。また、担当者だけが関わっているのではなく、全員が垣根なく責任を持ってお客様の為に尽力しています。

Q人事労務コンサルタントとして大切なことは何だと思いますか?

井上

お客様が困っていることを正しくヒアリングすることが一番大切だと思います。なぜなら同じような問題でも、お客様の状況によって対応策が違うからです。お客様の状況をしっかり把握し、質問をいただいた内容にお答えするだけではなく、プラスアルファの提案ができるよう、まずお客様の悩みを引き出す力がとても大切だと思います。

佐野

知識やコミュニケーション能力ももちろん大切ですが、お客様と真摯に向き合う誠実さが何より大切です。以前上司から「お客様から相談を受ける時に必要なことは何だと思う?」と聞かれたことがあったのですが、答えられませんでした。上司の回答は「何でも話したくなる雰囲気を持つこと」でした。正直意外な答えだと思いましたが、今ではその言葉の意味がよくわかる気がします。仕事以外でも「この人には何だかつい色々しゃべっちゃう」という人がいますが、そういった雰囲気を持つことがコンサルタントとしての第一歩ではないでしょうか。

Qどんな時に仕事のやりがいを感じますか?

佐野

ふと、「この仕事を選んで良かったな」「仕事が楽しいな」と思う瞬間があります。難しそうな手続きが無事受理された時や、お客様からのご相談に回答できて、感謝された時は感無量です。勉強した分だけどんどん力を試せるので、常に自分の成長を感じられる点もやりがいに繋がる感じがしています。

井上

人事・労務とは、個人情報の中でもよりデリケートな情報を扱っています。その情報を提供してもらえる相手として、お客様に信頼いただけたと感じる時はとても嬉しく、この仕事のやりがいを感じます。さらに、お客様に合った提案が出来た時は誇らしく思います。大きな期待や信頼に応えられる人間となるために、もっと物事を多角的に捉えられるよう、先輩方の技術を身に付けていきたいと考えています。

Q今までの仕事で一番嬉しかったことは何ですか?

井上

今まで先輩の下でお客様の担当をしていましたが、直接窓口としてお電話をもらった時は本当に嬉しかったです。自分がお客様を担当させていただくという責任を感じつつ、よりお客様の役に立ちたいという思いが強くなりました。

Q今までの仕事で一番の失敗は何ですか?

佐野

ペイロール(給与計算)を担当している会社で、自分が作成したデータに漏れがあった時には血の気が引きました。給与計算の業務はミスがなくて当たり前の仕事なのに、お客様にも上司・先輩にもとても迷惑をかけてしまったんです。私自身、確認作業が苦手と感じていたので、「他の人よりも工夫しなければ、今後も迷惑をかけてしまうかもしれない」と痛感しました。

Q今後どのようなキャリアを描きたいと思っていますか?

井上

女性が活躍できるよう、新しい働き方を提案できる社労士になりたいです。最近は女性が専業主婦になるという考え方が衰退し、共働きで仕事をするケースが増えてきました。しかし、能力はあるのに結婚や出産など環境の変化で不本意に仕事を辞めてしまう人も多くいます。労働人口が減っていく社会で、そういった方々に長く働いてもらえる働き方を提案できるようになりたいです。

佐野

目下の目標は、将来のためにも社労士試験に合格することです。社労士法人で働いているので、実務的な知識は自然と身に付くかもしれませんが、法令を理解していることが大前提です。法令が出来た経緯や趣旨を知っておくことで、お客様からの質問にお答えする際にもご納得いただける返答ができますし、適切なアドバイスをしていくためにも重要だと考えます。

中途社員座談会

座談会の様子

Qまずは前職を教えてください。

伊藤

設計事務所の人事部で、社員の社会保険や給与計算に関する業務に携わっていました。アーク&パートナーズへは2009年に入社し、1年間の育休を取得して復職し現在に至ります。

鈴木

私はドラッグストアの店長をしていました。まったく違う業界に思われるかもしれませんが、店長という仕事はスタッフのシフト作成や勤怠管理など人事に近い業務も多かったんです。アーク&パートナーズへは2013年に入社しました。

Q転職のきっかけは何ですか?

Q今はどんな仕事をしていますか?

伊藤

主に手続き業務や人事労務コンサルティングです。お客様は幅広くITやデザイン関係、雑貨屋さんなどもあります。

鈴木

私も業務としては同じような内容で、お客様は飲食店や病院、建設や不動産など様々です。前職で新店舗を建てる時にお世話になった建築関係のお客様も多くあり、個人的な付き合いが今の仕事に繋がっていることも多いですね。

Qやりがいを感じるのはどんな時ですか?

鈴木

様々な業界の人と関わることができるので、いろいろな経験が出来ること、広い視野を持てることがとても楽しく、やりがいに繋がっています。
同年代で別の業界で働いている知人と比べると、経験の差はかなり大きいように思います。経験が増え視野が広がると、お客様の会社にとって「何がベストか」がきちんと見えて来るようになるんです。ここ一年くらいで、自分の考えの幅が広がっているのを実感できています。

伊藤

お客様から信頼されていると感じた瞬間が何よりも嬉しいです。例えば「就業規則で法改正に関わる部分をどう変更したら良いかわからない」や「人事制度を変えたいけれど、その制度に合致しない社員がいて困っている」など、相談や質問をされることが多いんです。そんな時、お客様が何を知りたいのか、何を求めているのか、それを上手に汲み取ることができれば、短いやり取りで済み、お客様の時間を無駄にさせることはありません。それを心がけながら、なるべく迅速に端的にお答えするようにしています。そんなやり取りが何度か続くと、法律や知識だけではなく、「私の考え」を求められることがあるんです。私個人の考えに興味を持ってもらえるということは、私を信頼してくれているのだと感じるので、とても嬉しく思います。

Qこの仕事をしていて嬉しかったというエピソードはありますか?

Qアーク&パートナーズの良さを教えてください

鈴木

何と言っても人物重視なところです。私は社労士としての仕事は未経験でしたが、今は本当に様々な経験をさせていただいています。中途採用者は様々な業界から来ていますが、社員みんなに共通するのは人とのコミュニケーションが好きという点だと思います。多くの人と接する仕事なので、人と話すのが好きというのは大事なポイントです。人当たりの良い人が集まっているので、働く側としても働きやすい環境なんです。

伊藤

私も同じで、資格や経験よりもマインド重視の社風が良さだと思っています。経営者にとっての懐刀となるためには、話しやすさ、相談しやすさというのは欠かせない素質だと思っています。法律の知識はもちろん必要ですが、これは努力次第で身に付けられます。だからこそ、やはり大切なのは人柄。信頼のおける人間力を持つことを重視しています。また、女性が活躍している職場であることも魅力だと思います。私は入社時に、自分の境遇と近い女性社員と話をさせていただき、こんな風に活躍している女性がいるなら私も働きたい、と強く思いました。

Q黒川代表の印象を教えてください。

伊藤

パワーがありますよね、強いパワーとオーラ。強いと言っても、威圧的という意味ではなく、人を力付けるパワー、人に分け与えるパワーを持っているというか。今までは”社長”という肩書きを持つ人は遠い存在のような気がしていたのですが、話しやすくて近付きやすい。でもオーラがあると感じます。何でも相談してしまいますが、いつでもきちんと聞いてもらえるのが嬉しいです。

鈴木

私は面接の時の印象がすごく強いです。時間がない中の面接でしたが、即決していただけました。短い時間の中で即断即決できる判断力を、最初の出会いで見たという気持ちです。その後もそういう場面は何度もあって、とにかく凄い、という感じです。

Qアーク&パートナーズではフレックスタイム導入やインターバル勤務制度などの取り組みがいろいろありましたが、どのように感じていますか?

鈴木

お客様に対して説得力のある取り組みですよね。新しい働き方を我々自身がどんどん実践すれば、より説得力と提案力を強めることができます。実際の提案を想定して社内での話し合いがすごく増えたように思いますし、これからの時代にどんな会社が生き残れるのか、それが具体的に見えてきました。

伊藤

従業員のことをすごく良く考えてくれていると思います。今までは、仕事が片付かなければ残業するのは当たり前という社会だったと思います。もしかしたら今もそういうところはあるかもしれません。でもこれからは労働時間を短くしなければならない、その中で生産性を上げていかなければならない。それを私たちは自ら実践しています。これが当たり前になれば、きっと社会全体が働きやすくなる。自分のためにも社会のためにもなっていると感じます。

Q今後の目標を教えてください。

伊藤

お客様のご要望を迅速に正確に汲み取って、的確にアドバイスできるようになりたいと思います。お客様との間で何より大切なのは信頼関係。より信頼され、いつでも頼ってもらえるような関係を築いていきたいと思っています。

鈴木

お客様の懐にもっと入っていける人間になりたいと思っています。どんな労務相談も受けられるようになりたいと思うのと同時に、人の上に立つ人間になりたいとも思っています。知識と経験をより積んで、会社でも掲げている、頼りになる「懐刀」になりたいですね。


社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ