社会保険労務士事務所 東京

働き方改革

「量より質」のビジネスモデルへ転換を急げ

2019.04.04

「量より質」のビジネスモデルへ転換を急げ

こんにちは、代表の黒川です。 労働時間の削減を実践している企業は既に多くありますが、目的は生産性を上げることであり、労働時間を短くすることがゴールではありません。&n...

改正フレックス制度の概要

2019.03.21

改正フレックス制度の概要

働き方改革関連の法改正として、生活と業務の調和を図りながら効率的に働くことを目的に、フレックスタイム制度が改正されました。そこで、今年4 月から施行となる改正概要を改めて確認し...

同一労働同一賃金の施行に向けて

2019.03.14

同一労働同一賃金の施行に向けて

来年4 月から「同一労働同一賃金」に関する改正法が施行されます。この改正法が施行されると、同一企業内における正社員と非正規社員(パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者)...

産業医の機能強化について

2019.02.21

産業医の機能強化について

前回に続き、「働き方改革関連法」のうち労働安全衛生法の改正点に着目します。今回の改正の目的のひとつに、産業医の役割を充実・強化し、事業者との連携を深めることがあります。[Poi...

「労働時間の客観的な把握義務化」への対応について

2019.02.14

「労働時間の客観的な把握義務化」への対応について

これまで、「働き方改革関連法」に関して「時間外労働の上限規制」、「年5日の有給休暇取得義務化」等の労働基準法関連の改正点を取り上げてきました。今回は今年4月に施行される改正労働...

労働時間削減は社内コミュニケーションの見直しから

2018.12.06

労働時間削減は社内コミュニケーションの見直しから

こんにちは、代表の黒川です。日々の作業の中で、何にどれだけ時間を使っているか、細かく計算したことはあるでしょうか。電話をし、メールを打ち、資料を作り、会議をするなど、仕事は作業...

従業員代表の選出方法について

2018.09.25

従業員代表の選出方法について

この度の働き方改革による法改正の施行に伴い、従業員代表の選出について、「使用者の意向によって選出されたものでないこととすること」、「使用者は過半数代表者が各規定に基づく事務を円...

働き方改革関連法が成立しました

2018.08.28

働き方改革関連法が成立しました

政府が今国会の最重要法案とした働き方改革関連法が成立しました。6月号でも概要と裁判例をご紹介しましたが、施行が決まった法律の具体的な内容をまとめます。 《働き方改革関連法の3本...

副業・兼業の促進に関して

2018.08.23

副業・兼業の促進に関して

働き方改革の議論が進む中、柔軟な働き方を実現すべく、厚生労働省から副業・兼業の促進に関するガイドラインが公表されました。今回は、副業等を認める上での注意点について解説します。&...

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ