社会保険労務士事務所 東京

人事コンサル

手続きだけが社労士の仕事ではありません。質問力・提案力・発想力のある「コンサルティングができる社労士」が自慢です。

2017.10.12

手続きだけが社労士の仕事ではありません。質問力・提案力・発想力のある「コンサルティングができる社労士」が自慢です。

社労士の主な仕事。それは、”労働者に関わる手続き書類作成と提出代行業務”と考えている方が多いでしょう。それが社労士の仕事のすべてと思う方もいらっしゃるかもしれません。 ...

1億総活躍プランで掲げられた「同一労働同一賃金」の難しさとは?

2016.08.23

1億総活躍プランで掲げられた「同一労働同一賃金」の難しさとは?

こんにちは、アーク&パートナーズの小川です。5月に政府から発表があった“1億総活躍プラン”に、「雇用形態に関係なく、同じ仕事であれば同じ報酬を得るべき」という内容の『同一労働同...

海外勤務と労働者災害補償保険(労災保険)

2016.08.04

海外勤務と労働者災害補償保険(労災保険)

先日、日経新聞に「海外勤務中の死亡に労災保険が適用されるかどうかが争われた訴訟で、東京高裁は、労災保険の適用について「仕事の内容や国内拠点からの指揮命令などを総合的に判断すべき...

36協定は締結そのものよりも、長時間労働の解消に視点を

2016.07.26

36協定は締結そのものよりも、長時間労働の解消に視点を

こんにちは、アーク&パートナーズの林です。今回は36(サブロク)協定についてお話をしたいと思います。そもそも36協定とはどういうものかご存知でしょうか。労働基準法では、労働時間...

【第3回】若手社員座談会 「人事コンサルタントとして大切なことは?」

2016.07.07

【第3回】若手社員座談会 「人事コンサルタントとして大切なことは?」

社長の「懐刀」を掲げる弊社ですが、その途上にある若手2人にインタビューしてみました。登場するのは、社会保険労務士を目指しながら、人事労務コンサルタントのやりがいを感じ始めた入社...

『残業80時間超』の監視強化について

2016.07.05

『残業80時間超』の監視強化について

今年4月、政府は1カ月の残業が100時間に達した場合に行っている労働基準監督署の立ち入り調査について「80時間を超える残業のある事業所に対象を広げる」と表明しました。 ...

育児や介護による離職を防ぐ在宅勤務について

2016.05.19

育児や介護による離職を防ぐ在宅勤務について

こんにちは、アーク&パートナーズの長根です。 最近はテレワークなど育休明けの社員に対する在宅勤務のご相談をいただく機会が弊社でも増えてきました。そこで本日は、在宅勤務...

「自由=楽」ではない。働き方の多様化に隠れたリスク

2016.05.10

「自由=楽」ではない。働き方の多様化に隠れたリスク

こんにちは、アーク&パートナーズ代表の黒川です。 最近は生産性の向上だけでなく育児や介護、ストレス問題を加味して、フレックスや在宅など柔軟な勤務形態を取り入れる企業も...

有給・育休取得に関する社内トラブルが増えている?

2016.01.21

有給・育休取得に関する社内トラブルが増えている?

こんにちは、アーク&パートナーズです。 最近お客様から「一部の社員による有給・育休に関する権利主張が強く、社内環境がギクシャクしてしまっている」というご相談を伺う機会...

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ