社会保険労務士事務所 東京

人事コンサル

裁量労働制の運用が正しくできていますか?

2018.04.24

裁量労働制の運用が正しくできていますか?

昨今、厚生労働省の不適切なデータ処理や、社員への違法な適用により過労自殺者が出るなどして話題になっている「裁量労働制」。連日の報道の影響で、世間では“社員を残業代なしで働かせ放...

無期雇用への転換は企業の負担を増やす悪法ではない

2018.03.08

無期雇用への転換は企業の負担を増やす悪法ではない

2012年の改正労働契約法により、有期契約が繰り返し更新されて通算5年を超えた場合、有期契約労働者は無期雇用へ転換の申込が出来るようになりました。また2015年の改正派遣法によ...

無期転換ルールの特例に関する申請について

2018.02.15

無期転換ルールの特例に関する申請について

平成25年4月1日に施行された無期転換制度ですが、施行から5年を迎える今年の4月以降、多くの有期契約労働者に無期転換申込権の発生が見込まれます。 【無期転換ルールの概...

手続きだけが社労士の仕事ではありません。質問力・提案力・発想力のある「コンサルティングができる社労士」が自慢です。

2017.10.12

手続きだけが社労士の仕事ではありません。質問力・提案力・発想力のある「コンサルティングができる社労士」が自慢です。

社労士の主な仕事。それは、”労働者に関わる手続き書類作成と提出代行業務”と考えている方が多いでしょう。それが社労士の仕事のすべてと思う方もいらっしゃるかもしれません。 ...

時間単位年休について

2017.08.31

時間単位年休について

働き方改革の一環として有給休暇の取得率が注目されています。政府が掲げる目標取得率は70%、しかし厚生労働省の統計では平成28年の有給休暇取得率は48.7%に留まっています。労働...

時間単位の有休取得で取得率&従業員満足度が大幅アップ!

2017.06.08

時間単位の有休取得で取得率&従業員満足度が大幅アップ!

お客様から、有給休暇の取得率を上げたいというご相談がありました。日本の有休取得率の低さは、長年問題視されています。 社員が十分に休めないことももちろん問題ですが、労働...

10人未満でも就業規則を作る必要がある?

2017.05.25

10人未満でも就業規則を作る必要がある?

就業規則に関するお問い合わせが増えています。今年1月の育児介護休業法の改正がきっかけになったのではないかと感じています。これを機になぜ、就業規則が必要なのかについてお話いたしま...

「なかなか取れない」で終わらせない 有給休暇取得の仕組み改革

2017.04.06

「なかなか取れない」で終わらせない 有給休暇取得の仕組み改革

以前、有給休暇が取りにくい現状についてお話をしました。今回は少し視点を変えて、どうすれば取りやすくなるのか、会社側の取り組みについて触れたいと思います。  ...

会社帰りに飲みに行って事故に遭った これって通勤災害になる?

2017.03.23

会社帰りに飲みに行って事故に遭った これって通勤災害になる?

人事担当者として、社員から通勤途中に転んで怪我をしたといわれた場合どのように対応されていますか?今回は通勤災害として認められるケースかどうかについてお話します。 労災...

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ