社会保険労務士事務所 東京

新卒社員座談会(後半)

 

11月15日のブログ『新卒社員座談会(前半)』の続きです。

 


 

Contents

Q.社労士法人は一般的に保守的な業界というイメージがありそうですが、いかがですか?

 

[古和田]

弊社は新しいことをすぐに前向きに取り入れることが自慢です。

例えば年末調整をクラウド化するなど、最新の仕組みをいち早く弊社が導入し、

すぐにお客様にも広めていける。時代を変える仕事が出来ている自負があります。

 

Q.後輩が入社したら、伝えたいことはありますか?

 

[鈴木]

自分が入社した時、質問があっても聞く人やタイミングをすごく考えて悩んでいたことがあるんです。

でも周りがすごく気遣ってくれました。僕もそういう先輩になりたいと思います。

 

IMG_4192_sk

 

[古和田]

社労士法人で社内のコミュニケーションを大切にするというのは珍しいことなのかもしれません。

個人で完結する仕事も多い業種なので。

しかし、弊社は密なコミュニケーションを非常に大事にしています。

この取り組みはすごく良い効果を生んでいると思うので、安心して入って来てもらいたいですね。

 

Q.仕事をしていて嬉しかったエピソードを教えてください

 

[古和田]

やっぱりお礼の言葉を直接頂くのは本当に嬉しいです。

お客様が困って電話をしてくださった時に、的確な答えが出来て

「本当に助かりました」と言っていただけた時は、こういう時のために働いているんだなぁと実感します。

 

IMG_4191_ko

 

[工藤]

役所への書類の提出日が決まっている業務が多いのですが、お客様にも都合があります。

それをイメージしながら、なるべく要望に応えられるように業務を進めるようにしています。

お礼を言われた時は本当に嬉しいですね。

 

[鈴木]

社内でのことなのですが、私は同期がいないので、先輩方がいつも見守ってくれているのが嬉しいです。

実際に初めて電話を取った時に、社内全体が「おい!電話取ったぞ!大丈夫か」みたいな雰囲気になり、

とても嬉しかったです。

 

Q.今後のビジョンを教えてください

 

[古和田]

個人の目標としては、社労士の資格を取ることです。

資格を持つことはお客様のためにもなり、自分の成長にもなると思っています。

 

[工藤]

お客様の対応をする際、まだまだ知識不足であるのと、

口下手なところがあって、うまく伝えられていないと感じることがあります。

まずは知識を付けて、自分の言葉で対応できるようになりたいと思います。

私が対応する以上、お客様の状況が一番わかるのは私です。

責任を持って取り組みたいです。

 

IMG_4198_kd

 

[鈴木]

私も資格取得を目指しています。

お客様と電話で話す機会があるのですが、会って話すのと違い、資料を見てもらったり絵を描くこともできず、

言葉だけで説明するというのはとても難しいと感じています。

知識を付けて、電話でうまく説明できるようになることが、いずれは資格合格にも繋がるのではと考えています。

 

一覧へもどる

社会保険労務士事務所 東京

社会保険労務士事務所 東京

社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など幅広く対応します

ページTOPへ